3日間で月商以上の売上を叩き出す!

3月10(水)開催「出前・宅配で売上・利益を伸ばす5大戦略オンラインセミナー」は、こちらをクリックしてください⇒3/10セミナー

年末年始の書き入れ時、その中でも正月三が日で平均月商の1ヶ月分以上の売上を叩き出す店があります。

この3日間はメイクのスタッフもデリバリーのスタッフも大忙しでてんてこ舞いです。

ただ、忙しくてもスタッフは笑顔で働いています。
雰囲気はいつもと違って、店にはお菓子やドリンクが並んでおり、まるでお祭りのような雰囲気です。

そこに次々と商品が出来上がり、次々と運ばれていきます。
活気に溢れているとはまさにこんな状態の店です。

しかし、初めて正月に営業をすると社長が決断したときには、社員・スタッフは「正月に出勤したくない」と反発します。

いままで三が日は家でTVでも観てのんびりしていたのに、いきなり出勤と言われれば嫌がる気持ちはわかります。

自分がイヤだと感じることに、拒否反応をしてしまうのは仕方がないことかもしれません。

しかし、いざ働いてみると、これが結構楽しくなってきます。

全スタッフが、一生懸命に働いていて、自分も頼りにされている、そんな充実感もあったからでしょう。

正月手当を支給したことも多少効果があったのかもしれません。

次の正月からは、社員は喜んで働いてくれるようになりました。

 

そして、たった3日間で1ヶ月以上の売上を出すわけですから、仕事は早くなり、スタッフの能力もアップします。

正月が終わると、ちょっとやそっとの売上では焦らなくなり、余裕をもって仕事ができるようになります。

いいこと尽くしの三が日ですが、この恩恵を最も受けるのが寿司の出前です。

2021年の正月は、コロナの影響で、帰省や旅行を控える方々も多くなるでしょう。

家にいることが多いためか、おせちの販売も好調です。
在宅率が高くなる正月は、お寿司の出前も例年以上に売上が伸びていきます。

コロナの影響がないお正月でも、顧問先の寿司店では、年末の予約でさえ断らざるを得ず、当日注文は殆ど受けられない状況です。

 

正月の寿司の需要は、供給を遙かに上回ります。

断られた注文は、そのまま消滅するわけではありません。
お正月にお寿司を食べたいお客様の欲求は消えることなく、お寿司を出前してくれる店を探します。

出前をしてくれれば、普段は注文しない知らない寿司店にも不安なく注文します。

言葉はよくありませんが、正月はおこぼれの注文を頂戴できる絶好の時期です。

正月三が日で出前を注文して、寿司が美味しければ、電話や配達員の対応が良ければ、その後もリピーターになる可能性はかなり高くなります。

お客様は「こんな美味しい寿司屋さんがあるとは知らなかった」とアンケートにも書いて下さっています。

 

正月三が日、寿司の出前が売れれば、その後も売上のベースが上がっていきます。

正月に出前で売っていくために必要なのが、お客様に知ってもらうことです。

正月に営業をすること、出前できる商品、予約方法、これを店頭やネット、チラシを通してお客様に伝えることで、売上は大きく跳ね上がります。

正月は寿司屋の出前にとっては、非常に大きなジャンプボードなのです。

《4/30までの特別個別相談》詳しくはコチラから

《カラーメニュー・チラシ診断&アドバイス》詳しくはコチラから

《自店の課題と対策が明確になる 個別相談》詳しくはコチラから

《ブログでは書けないコラムも》メルマガご登録はこちらから

《出前・宅配で売上・利益を伸ばす書籍》詳しくはこちらから