出前館・ウーバーイーツの有効な利用方法

《個別相談 受付中》詳しくはコチラから

デリバリー代行業者の中ではウーバーイーツと出前館は、断然売上が高くなっています。

顧問先のデータからだけですから、決して全国のデータではありません。

しかし、新聞でも同じような記事が書かれていますから、ある程度どの店舗でも共通しているのではないかと思われます。

個別相談やコンサルティングの中で
「出前館やウーバーイーツやデリバリー代行サービスは使った方がいいんですかね?」と質問を受けることがあります。

答えは「YESです」。使えるものはどんどん使ってください。

「手数料が高い、デリバリースタッフが不安だからやりたくない」と言われる経営者もいらっしゃいます。

それを無理に勧めることはありませんが、可能であればやってみてはいかがでしょうか。

初めてデリバリーを行う場合はもちろんのこと、すでに自店でデリバリーをしている店にもおすすめです。

コロナ禍だった2020、2021年で売上伸ばした飲食店、現状維持ができた店に共通していることがあります。

それは、来店だけで商売をしてきたのではなく、来店と出前・テイクアウトとお客様との窓口を2つ以上持っていたことです。

さらに、出前・宅配・デリバリーでも、自店デリバリーとウーバーイーツや出前館などのデリバリー代行を利用して、複数の注文窓口をもっています。

もちろん、自店デリバリーをしないで、複数の宅配代行サービスを使って業績を伸ばしている顧問先もあります。

注文窓口が違えば、客層も違います。
宅配代行サービス業者によっては、エリアも違っています。
客層とエリアが広がれば、売上も伸びていきます。

だから、デリバリー代行サービスをおすすめしているのです。

しかし、自店でデリバリーができるのであれば、あえて割高な配達業務まで利用することは勧めてはいません。

ウーバーイーツも出前館も、注文だけを受けることも可能です。
注文を受けてもらい、自店でデリバリーをすれば、利益は大きくなります。

そして、ウーバーイーツ・出前館の受注だけの利用でもそれぞれのサイトには掲載されます。

これだけでも宣伝効果はあります。上位に掲載されればさらに効果はアップします。

もちろん、ウーバーイーツ・出前館でより多くの注文を受けるためのノウハウは必要です。

もう一つ、デリバリー代行サービスを利用するメリットがあります。

マクドナルドもそうですが、当初はウーバーイーツや出前館を利用していましたが、最近では自店デリバリーをしている店も非常に増えました。

売上が見込めるのであれば、高い手数料を支払わなくても、自店デリバリーの方が利益は大きくなるからです。

さらに、デリバリーを始めるときには、まずはウーバーイーツ・出前館などを利用します。
ここでデリバリーは売れると判断すれば、自店デリバリーに移行すればよいのです。

ただ、ウーバーイーツ・出前館は申し込んでからサイトに掲載されるまでに2か月以上かかることもあります。

この2か月間で、売れる商品と商品構成をしっかりと作っておけば、自店の商品がデリバリーで売れるかどうかの検証ができます。

自店デリバリーは、配達用車両、販促費などの初期投資が必要になります。
まずは、宅配代行サービスで実験をしてから、自店デリバリーに移行すれば、成功する確率がグーンと上がります。

デリバリー代行サービスだけでも十分売上・利益が出れば、それはそれで全く問題はありません。
あくまでも経営者の考え方次第です。

いずれにしても、上手にデリバリー代行サービスを使うことが、売上・利益のアップにつながります。

出前宅配で売上を伸ばすメルマガ 読者登録フォーム

《販売促進ツール作成&無料相談》詳しくはコチラから

《自店の課題と対策が明確になる 個別相談》詳しくはコチラから

《ブログでは書けないコラムも》メルマガご登録はこちらから

《出前・宅配で売上・利益を伸ばす書籍》詳しくはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう