発想が違えば、売上は全く違う

売上を伺っていると、こんなにも違うものかと驚いてしまいます。

同じ商品を扱っていても、好調な店は月商500万円、売れていない店は月商50万円にも届いていません。

この10倍以上の差は何なのでしょうか?

商品、価格、地域性、販売促進など様々な要因はあります。

その差は、これら個々の要因と言うよりも、もっと基本的な重要な部分によるところが大きいのです。

その基本で重要な部分とは、「とりあえず宅配でも」と考えるか、「宅配を新しい収益の柱」として考えるかの違いです。

店の売上を少しでもカバーしたいから「とりあえず宅配でも」との考えでは、戦略を立てた積極的な対策を取ることはしません。

商品も店と同じで、容器も安いもの、独自の販促にも消極的です。

コロナで宅配市場は伸びているし、ウーバーイーツなどの宅配代行業へ登録しておけば注文が入るから、とりあえず宅配をやっておこうでは、たいした売上は立ちません。

出前は江戸時代から続く、身近なものであるため、宅配は簡単に売上が伸ばせると思ってしまいますが、そんなに甘くはないのです。

そして、宅配をはじめてみて、目論見よりも売上が伸びない現実を目の当たりにして、厳しさを痛感します。

片手間でやって、儲かるほど簡単な市場ではありません。

一方、「宅配を新しい収益の柱」として考えたお店は、業績は伸びています。
また、そんなお店はコロナの前から、出前・宅配・デリバリーを行っていることが多いのです。

コロナ前も、出前・宅配市場は年率4~6%で伸びていました。
コロナ後に宅配の売上が大きく伸びた店は、来店以外の売上のチャネルを宅配に求めて、以前から戦略的に行動をしてきました。

「新しい収益の柱」を作ろうとすれば、売上目標、利益目標も設定します。

売上を伸ばしていくために、お客様に喜んでいただける宅配用の商品を開発し、どのような包材を使い、写真撮影から販促ツールの作成、商圏設定などを試行錯誤して取り組んできました。

その結果、出前・宅配・デリバリーで売る仕組みができあがり、予期せぬコロナ禍の影響で大きな収益を上げるに至ったのです。

それは大手外食チェーンだけではなく、中小個人店でも出前・宅配・デリバリーで売れる仕組み作ったお店は、来店とデリバリーを合わせて前年売上を超えています。

では、今から宅配市場に参入をするのは手遅れでしょうか?

宅配に参入する店が今後も増えてくるでしょうから、「とりあえず宅配でも」では、生き残ってはいけません。

しかし、「宅配を新しい収益の柱」と考えて、売れる仕組みづくりをしていけば、充分戦って行けます。

コロナは今後どうなっていくのかはわかりませんが、いつかは終息するでしょう。

「とりあえず宅配でも」で宅配を行っている店は、コロナが終息すれば、宅配を止めてしまうか、消滅することは過去の歴史からも明らかです。
(詳しくは宅配の歴史から考える、これからの宅配市場をごらんください)

コロナが終息しても、今までとは違った新しい生活様式が定着しています。
在宅勤務も続くでしょうし、宅配の便利さも多くのお客様に伝わりました。

宅配市場は、現在の宅配バブルが終わっても、伸びていくでしょう。

そして、自店の強みを活かして、出前・宅配・デリバリーで売る仕組みを作った店だけが生き残っていきます。

《カラーメニュー・チラシ診断&アドバイス》詳しくはコチラから
《自店の課題と対策が明確になる 個別相談》詳しくはコチラから
《ブログでは書けないコラムも》メルマガご登録はこちらから
《出前・宅配で売上・利益を伸ばす書籍》詳しくはこちらから