消費税増税前の補助金活用法

令和元年(2019年)10月から消費税が10%に上がります。
でも、全部が10%になる訳ではないから、ややこしいのです。

特にスーパーは大変です。
みりんは10%なのに、みりん風調味料は8%。
ノンアルコールビールは8%で、ビールは10%と似たような品目で税率が変わりますから。

スーパーほどではありませんが、飲食も税率が2つになります。
店内飲食は消費税10%ですが、出前宅配は軽減税率が適用されて8%のままです。

となると、レジも2つの税率に対応させる必要があります。

増税されると、消費も冷え込むし、レジの買い買い換えなど余計な経費も掛かってしまい、会社や店にとっては、泣きっ面に蜂です。

こんな問題を少しでも解消しようと、国は中小事業者に対してレジの買い換えやシステム変更などに補助金を出します。

補助金額は、国が3/4を負担し、自己負担分は1/4です。

補助金の上限はありますが、レジの買い換え等をされる場合は、使わない手はありません。

詳しくは下の「軽減税率対策補助金」のHPをご覧下さい
http://kzt-hojo.jp/

もう1つ、消費税が上がると、過去3回税率が上がったあとのように消費が冷え込むことが予想されます。

消費の冷え込みを和らげ、そしてキャッシュレス化をすすめるために、中小事業者でお客様が買い物をすると5%のポイントが還元されます。

ただし、2019年10月~2020年6月までの期間限定ですが、ポイント還元をする店としない店では売上に差が出るのは明らかでしょう。

キャッシュレスに対応するためには、キャッシュレス決済端末を導入する必要があります。

端末を買うにもお金は必要ですが、これには国と決済業者から補助金が出て、お店は費用負担無しで、キャッシュレス決済端末を導入することができます。

さらに、カード等を使うと手数料が掛かります。
これも、カード手数料は3.25%以下になり、期間限定ですがその1/3は国が負担することになります。

詳しくは下の経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」のHPをご覧下さい。このHPはよく更新されます。
https://cashless.go.jp/

軽減税率対策補助金、キャッシュレス・消費者還元事業はそれぞれのHPに電話番号も載っています。

不明な点があれば、電話をすれば丁寧に教えてくれます。

 

 《カラーメニュー・チラシ診断&アドバイス》詳しくはコチラから

《自店の課題と対策が明確になる 個別相談》詳しくはコチラから

《ブログでは書けないコラムも》メルマガご登録はこちらから

《出前・宅配で売上・利益を伸ばす書籍》詳しくはこちらから
book2-150