笑顔と遊び心が、いい結果を呼び込む

《5/13無料オンラインセミナー開催》詳しくはコチラから

「これは、いいね」と直感的に思いました。
売れる販促ツールは、見た瞬間にこう思えます。

これは、あるそば屋さんのチラシです。

おそば屋さんは一般的に落ち着いたイメージがあります。
チラシを作るときにも落ち着いたイメージだろうと思っていたのです。

ところが、オーナーのリクエストは落ち着いたイメージではなく「遊んで欲しい」でした。

一瞬耳を疑い、「本当にいいんですか?」と確認したところ「そば屋のイメージを壊してください」と笑顔で答えてくれました。

「どうしてですか?」と理由を聞いてみると

「蕎麦は年寄りのイメージがあって、若い人と距離がありすぎると思っています。だからこそ、若い人がオーダーしてくれるようなチラシを作りたいんです」と教えてくれました。

これは楽しそうで、やりがいがあります。
今までにない楽しいチラシを作ろうと闘志も湧いてきました。

デザイナーと打ち合わせをする前に、デザインの方向性とコピーを考えました。

コピーも、オーナーの意向に沿うように、若い人達に響くように遊んでみました。

だからなんでしょう、デザイナーとの打ち合わせも、肩肘を張ることなく楽しくできました。

「そのアイデアいいね」
「もっとこうした方が面白いんじゃない」

こんなふうに、あーでもない、こーでもないと話をしていると、新しいアイデアもどんどん浮かんできます。

10日後、1発目のデザインが上がってきました。
原稿を見た瞬間に、いい出来だと感じたのです。

チラシにしても、ホームページにしても、販売促進ツールを見たときに、いいと思わないとお客様にも伝わりません。

30代前後の女性にも、出来上がったチラシの原稿を見てもらったところ

「そば屋さんじゃあないみたい」
「なんか注文したくなりますね」
「まるでファストフードみたいで、気になっちゃいます」
と好評でした。

そして、オーナーに見てもらったところ、いい感じだと言ってもらえました。

ちょっと遊びすぎたかなと思うところもあり、修正点を確認すると、さらに過激なコピーに変更するように提案をされました。

そのときのオーナーもニコニコして嬉しそうでした。

さすがに、それはちょっとというものもありましたが、オーナーの遊び心も半端ではありません。

ただ、まだこのチラシはお客様の手元には届いていません。
ということは、結果は出ていないのです。

でも、どんな結果になるのかを楽しみしています。

このチラシは、最初は狭いエリアから配布をしていく予定です。

売上の結果をみて、修正するところは修正して、さらに売れる、楽しいチラシにしていきます。

まだまだコロナの影響があって、飲食店の経営者の皆さんは前向きになれないかもしれません。

眉間にしわを寄せていても、暗くなるばかりです。

でも、このオーナーは、いつも笑顔です。
笑顔でいるから、楽しい発想が生まれます。

こんなときだからこそ前向きに、笑顔で遊び心をもって仕事をしていくと、よい発想、良い結果が出てくるんだと信じています。

マスターズで優勝した松山英樹選手も、ミスをしてもミスを引きずらずに、笑顔で乗り切ったことも大きかったと本人もおっしゃっています。

笑顔で一緒に頑張って行きましょう!

出前宅配で売上を伸ばすメルマガ 読者登録フォーム

《販売促進ツール作成&無料相談》詳しくはコチラから

《自店の課題と対策が明確になる 個別相談》詳しくはコチラから

《ブログでは書けないコラムも》メルマガご登録はこちらから

《出前・宅配で売上・利益を伸ばす書籍》詳しくはこちらから