デリバリーでの顧客視点、会社視点

11/11(水)宅配で売上アップする無料WEBセミナー開催⇒詳しくはコチラから

1枚のチラシがポスティングをされていました。
9月の4連休を狙った販促であることは間違いありません。

出前・宅配・デリバリーが伸びていますが、販促はネットが多くなり、新聞折込チラシやポスティングは少なくなってきています。

それでも、チラシの効果はあなどれません。

ネットはスマホやパソコンを見なければわかりませんが、チラシは手に取った段階で店と商品がお客様に伝わります。

他店のチラシが少ないことに加えて、コロナ禍になってから以前に比べて、チラシの反応率は確実に上がっています。
もちろん、ネットでも販促を利用してですが。

ただ、今回入ってチラシやけに大きかったのです。
手に取ったときは、A5サイズでしたが、広げてみるとA2(42cm×59.4cm)の一枚物です。

そして、店名は今までに聞いたことがありませんでした。

「宅配専門」となっているものの取り扱っている品種は多く、印刷のクオリティは高かったので、新しい店舗ではなく既存の大手だろうと思って調べてみました。

ネットで検索し、住所から検索をかけたら、やはり大手の居酒屋チェーンでした。

ただ、この大きなサイズのチラシは、いちいち広げなければならず、正直なところお客様の立場からはとても見にくいのです。

チラシを1枚物にすれば単価は安くなるのですが、その分だけ見にくくなります。
見にくくなれば商品も選びにくくなるのは当然のことです。

顧客視点で、お客様が選びやすくするには、チラシも違った方法もあったはずです。

今までの経験でいえば、会社の都合ではなく、お客様の見やすさ、選びやすくしただけで売上は1.2倍以上になります。

私なら別の方法でチラシを作ります。
宅配のみ1店舗で、年商1億円の達成をご支援した経験がありますから。

さらに、このチェーンだけでなく、宅配代行から自店デリバリーにした寿司のチェーンもありました。

この店もネットに掲載されているチラシを見ると、とても勿体ないことをしています。

チラシの作り方というのもそうですが、商品の提案の仕方がとても下手くそです。

寿司の盛り込み方が汚く見えてしまっています。
その上、商品写真に比べて、価格が非常に高く感じます。

宅配をする場合、デリバリーコストが掛かりますから、ある程度値段が高くなることも相方がありません。

しかし、宅配コストが掛かるからと企業目線で価格設定をしては、売れません。

この会社も顧客視点を忘れて、会社視点に陥っています。
出前・宅配・デリバリーでも、顧客視点を忘れたら売れません。

新たに出前・宅配・デリバリーに参入する企業も個人店も多くなっていますが、来店とは売り方が全く違います。

それを理解せずに出前・宅配・デリバリーを行っても、売上も利益もでません。

出前・宅配・デリバリーに30年以上、メニュー制作やコンサルにも15年以上に携わってきたからこそわかることがあります。

出前・宅配・デリバリーで業績を伸ばしたいとき、業績が伸びなかいときには、ご連絡ください。弊社は最後の砦です。

 

《カラーメニュー・チラシ診断&アドバイス》詳しくはコチラから
《自店の課題と対策が明確になる 個別相談》詳しくはコチラから
《ブログでは書けないコラムも》メルマガご登録はこちらから
《出前・宅配で売上・利益を伸ばす書籍》詳しくはこちらから