後継者を育てるための絶対条件

「創業社長は決断が速いんです」とある飲食系のシステムを販売する会社の社長が教えてくれました。

自分の会社で何が必要で、予算はいくらまでなら採算がとれるのかを商談前にわかっているからでしょう。
反対に、なかなか決められない社長もいらっしゃると聞きました。

「どれだけ情報をお伝えても『もしもこうだったら・・・』『予算的に・・・』など様々な理由を上げてなかなか決断をされません。当社のシステムが必要ではないのかといえば、そうでもないようですし、もしも上手くいかなかったらと、そんなことをお考えなのでしょうか」
とシステム会社の社長はオブラートに包むようにおっしゃっていました。

この傾向は、サラリーマン社長と2代目・3代目の社長に多いようです。

創業社長は「自分が立ち上げた会社だし、もしダメになったらまた一からやればいいや」という開き直りができています。
だから、経営の決断も意思決定も早いのです。

一方、2代目・3代目は「後を継いだ以上、潰してはいけない」という意識が強い傾向にある社長もいるように思います。

もちろん、2代目・3代目の社長でも決断の早い方、経営力に優れている方は、私のご支援先にもたくさんいらっしゃいますので、あくまでも一つの傾向です。

経営ですから、すべての意思決定が上手くいくわけではありません。
上手くいくことがあれば、上手くいかないこともあります。
経営の意思決定は常にリスクとも向かい合わせです。

それでも経営者は外部環境の変化に応じた様々な意思決定をしていかなければなりません。

もし、意思決定が遅くなれば、チャンスを逃してしまうおそれも、会社存続の危機に陥ることだってあり得ます。

意思決定ができないのは、ご本人の保守的な性格によるところもあるのでしょうが、意思決定をした経験がないことが大きく影響をしているのです。

これには初代社長の責任も少なからずあります。
後継者となる方に、意思決定をさせていないからです。

初代は自分が築き上げてきた会社ですから、まだまだ後継者には任せられないと考えて、すべて自分が決めてしまいます。

すると、後継者はいつまでたっても意思決定をしないまま、その結果の責任をとることもないのです。
だから、重要な意思決定に対して慎重にならざるを得なくなってしまいます。

後継者を育てるためには、経営上の意思決定をさせることです。
たとえ上手くいかなくてもいいのです。失敗をしていい範囲で意思決定をさせてみましょう。

1つの部門でも結構ですので、その部門の意思決定を任せてみます。
例えば、出前・宅配部門の責任者としてすべての決定をさせても、会社の屋台骨を揺るがすようなことはありません。

意思決定をして失敗しときの葛藤、上手くいったときの喜び、それぞれの原因と結果を分析することが、後継者にとっては大きな財産になります。

社長の重要な仕事は
1.経営戦略の決定
2.経営戦略を実行するための組織運営
この2つです。

会社の発展のためには、経営戦略の決定は非常に重要です。
そして、それこそが最も大切な社長の意思決定にほかなりません。

後継者を育てるには、意思決定をさせてこそ優秀な経営者として育っていくのです。

 《カラーメニュー・チラシ診断&アドバイス》詳しくはコチラから

《自店の課題と対策が明確になる 個別相談》詳しくはコチラから

《ブログでは書けないコラムも》メルマガご登録はこちらから

《出前・宅配で売上・利益を伸ばす書籍》詳しくはこちらから
book2-150